読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーリ第12話 翼の折れたJJ

つらつらと最終回見返してる

 

冒頭涙をはたはた流すヴィクトルの美しさよ

勇利じゃなくてもよく見ようとのぞき込むわ

そして思っててもやれないことを軽々しちゃう勇利

そういえばがなり立てて怒って蹴り上げてくるユーリ全然気にしてなかったし、怒りの感情向けられてもなんともなくてマイペース

この子ほんと良い性格してて好きだわ

 

メンタル勝負弱い感じなのに、なんというか頑固というか図太いというか

やったねヤコフ! 新しい弟子もやっぱり我が強いよ!厄介だよ!

 

名言メーカーJJ

「翼の折れたJJ」

落ち込んでてもあいつのいかした言語センスなんなん。好きになるわ

小さい頃から自己主張がしっかりしてて、コーチに否定されてもオレ流を貫いて今の地位にってすごいかっこいい。ネタキャラのはずなのに

ショタ声ちょっと高いのかわいい

そしてフィギュア分からないからあれだけ崩れても総合3位っていうのがちょっと分かりにくかった

 

JJの得点発表に被る勇利のモノローグ「彼らの戦いは続く。完結しない物語ほど、魅力的な物語はない」声の抑揚がとても好き

いつかは終わりは来て、それは受け入れているし、それでも終息を前に美しく輝いてる感ぐっと来る

 

そして後ろのキスクラで高らかな「JJタァイーム!」

なんなん。

空気読まないし持ち直すのはやいし強いって最強やん。好きになるわ

 

ピチット君の王子めいたキラキラほんと笑顔になる

JJとは違う伸びやかで健やかな感じ

ピチットオンアイスは何度見てもどうかしてる

 

勇利の滑走

ヴィクトルのままでいてよって言って最初の頃みたいなヴィクトルに煽られて、勇利がぱあっと表情を輝かせるシーン

なんか上手く言えないけど、ヴィクトルが帰ってきたって、気持ちが通じたって感じが表情で全部分かってこっちまで泣きそうになった

 

yuri on ice何度聞いても完璧に美しい

(だからフルで聞きたかった・・)

雪明かりに浮かび上がるヴィクトルと幼い勇利

口開けてみてる勇利がかわいくてかわいくてショタコンの自分が順調に死ぬんだけどそれは置いて

 

勇利の滑りがヴィクトルをまた競技者に戻したから、祈りは通じたんだなというか

表現者にとっては壁になりそうな絶対王者の影響を、良きものとして描いて嘉しながら氷上で昇華していく的な、この作品そのものだなーとか優しい世界がそこにみえるわ(厨二ポエム)

 

勇利の泣きそうで堪えてるモノローグいい

何話か前の「ヴィクトルの想像を超えていく」のとこも良かった

あとで見直そう

 

無邪気に両手広げて迎えるロシア人(28歳)あーかわいすぎかよかわいいよ

 

クリスに絶叫してほぼ断末魔のミナコ先生すきw

一話目の「勇利、あんたの好きなヴィクトル出てるよー!」のころからぶれてない

流行ってない飲み屋のママだったり、「ヴィクトルがコーチしてくれるってんなら利用しなさいよ!」的な発言といいちょっとリアルなとこがいい

 

そして演技前のユリオ組に声かけるヴィクトル

自由勝手すぎてこいつはほんともう

ヤコフ完全に躾けに失敗してる。そりゃ気ままに家出してふらっと気軽にコブつけて戻ってくるわ

どうせ怒鳴ったところでまたどうせ受け入れるヤコフって考えると、ほんとヤコフ……ヤコフな……ってなる

業が深いヤコフがつらい。好き(真顔)

色々だいたいヤコフのせいな気がしてきた

真面目にやってるポポーヴィッチがかわいそう

そして抑圧されてより変な方向に花開くであろうポポさん尊い

 

オタベックは正統派かっこいい

厨二モノローグが心地良い。ユーリと仲良くなれるはずだわ

オタのエールにすっとサムズアップのユーリかっこいい

 

毒づいて吠えながらジャンプするユーリ良い

あそこほんと好き

 

「俺をがっかりさせんな」って流れ、「豚を負かして飼い主の無能さを証明してやる」ってタンカ切ったんだから勇利引退でユーリ的にはいいはずなんだけどなあ・・

「ノーミスで見たい」はもっと早い段階で欲しかった

 

「豚に食わす金メダルはねぇ!!!」からの「がんばれユリオ――」

温度差たまらなく好き。ユーリの苛立ちが全然通じてなくて大好き。

 

歯を食いしばって戦うユーリを見つめるリリアの表情の柔らかさと優しさ

ユーリが作り出した美しさを讃えながら、最後拍手するとき目蓋が震えてる

あの鋼鉄の女が!ああもうリリア様―――!!!!

 

よく考えたら、(省略されてか?)描かれていないユーリの親たちより、ユーリの努力を知りそれを讃えるリリアの方がずっとユーリに近しいとか、ユーリが手にしていないじいちゃん以外の家族愛に一番近いものなんじゃとか色々萌で忙しくなる

 

リリアはユーリが成し遂げたことの偉大さを知ってる

冷厳な指導者に才能ある生徒が応えて結果を出すというのがただただ美しい。泣いた

 

ユーリ表彰台で不機嫌そうだったwかわいい

勇利現役続行はわりかしあっさりめだったな

勇利がユリオの演技に突き動かされて重大な決意を翻意する、ってほどの勇利からユリオへの執着や因縁はあんまり描き切れてない気がした

その勇利とユリオの距離感は大好きなんだけども

勇利にとってユリオはそこまでの存在には描かれてなかったような。

ジャンプ教えてって素直に言えて、ある程度の親しみを持ってる年下の選手、ってあまりコンプレックスもこだわりもなくフラットな感じで。

これまでの関係性の濃淡の順番で行くとヴィクトルが「勇利が現役続けるなら俺も競技復帰するよ!」でそれを飲む勇利、の方が自然に思える

勇利ユーリ関係が薄かったというより、ヴィクトル勇利関係に時間取り過ぎてたっていう、尺の問題かな

 

ヴィクトルの「あっ、今何考えた?」からの勇利の素晴らしい背筋力と

俺の位置まで上ってこい的なセリフすごい良かった

すさまじく萌えた

自分のかわいい教え子が自分を全力で倒しに来てくれるって最高だよねー

またショタ勇利と14歳ヴィクトルで妄想すると死ぬわー

YOIが女子スケートアニメとかショタアニメじゃなくてほんと良かったわー(棒

 

最後のロシアのシーン本当に素晴らしい

ランニング付き合ってくれるマッカチン(かわいい)と耳染めた勇利とヴィクトルに胸が一杯になる

完璧なテンポだった一話目の「おまえを優勝させちゃうゾ☆(大意)」のシーンみたいな瑞々しさとこれから始まるってワクワクがある

名前を呼ぶだけなんだけど、わーってなる

 

返す返す構成と尺が残念だったなー!

そして最後は完璧だった!

 

あとサントラ

勇利が記者会見の時のドラムがかっこいい曲と、リンクに出て行く通路の暗幕をあげるときのBGMは発売されないのかな

スケトラには入ってないよねあれ

BD特典とかなんかな。配信されてないのが聞きたい

 

ヤコフ考及びロシア組のなんか

ヤコフにとって従順さは大した問題じゃなくて才能がすべてって事実にクソ萌えてクソ萌えて死にそう

 

リリア筆頭にヴィクトル、ユーリとどんだけ跳ねっ返りが好きなんだよって赤面する

才能が尖ってて我の強い人と相性いいんだろうな

 

従順だったポポさんには今ひとつ突き抜けられないものを感じて歯がゆかったみたいだし

公式のポポさんの「育ちがいい」にしみじみとしたおくゆかしさと善きものを感じる

こじらせた激情を演技に落とし込む高い技術とその結果のあれと演技終了後の冷静なコメントとか

なんかもう本当に好き

今後もクソ女にハートを八つ裂きにされつつ頑張って欲しい

 

ユーリは育ち悪そう

競技で家族を支えても感謝を返されてなさそうな、搾取仕送り当たり前で疑問も持てないようなそういう寒々しい家庭環境を妄想する

じいちゃんが救いだよ

同じジジイなんだからヤコフにも優しくしろよと思うけど、そうはならないあたりジジイならなんでもいいってわけじゃないユーリの芯を感じる

 

ロシアへ拠点を移した勇利は毎日楽しいだろうな

競技者のヴィクトル近くで見られるし

名コーチのヤコフついたヴィクトルだし

 

最終話で「俺が休んでコーチしてるんだからちゃっちゃと金メダル取ってきてよ(意訳)」ってヴィクトルに言われて嬉しそうな勇利がほんとかわいい

マイペースで傲慢で戦ってる選手のヴィクトル好きなんだなって胸が熱くなる

 

ヴィクトルのコーチとしてポンコツな部分をポンコツとして扱ってる勇利大好き

マッカチンティッシュケースかわいいでしょー」に「あーはいかわいいかわいい」って流すシーン好き

 

対してユリオはやっぱり自分の中の理想のヴィクトル像とのズレにイライラする感じなんかな

若いな。かわいい

 

現役の生徒の弟子っていう良くわからないものがロシアに来ちゃったヤコフは

おまえの弟子なんぞ知るか!言いつつ

どうせヴィクトルのコーチングのポンコツぶりに我慢できなくて口出しして手助けしてしまいそうな気がする

苦労してるヤコフってなんてかわいらしいんだ

ユリオが成長しちゃうと

力強さや安定感を手に入れる代わりに

リリアの振り付け踊れなくなっちゃうのかって思ってしょんぼりしてしまった

せつねー

刹那的な一瞬のものってなんか上手く言えないけど消えちゃうのか悲しいって部分でも揺さぶれられるな

 

あー、だからこそのリリアの涙か

あそこで肩に手を置くだけのヤコフいいよね

抱きしめたりしないところがまたいいんだ

 

あとヴィクトルがヤコフに向ける絶対の信頼感ってなんなんだろう

本来の性格もあるんだろうけど、

拒否されるなんて思いつきもしない絶対的なものがあるよな

 

ユーリの各BLシーンはなぜ私に刺さらなかったのか

世間を騒がせていたらしい名シーンに「指輪太いなー」くらいの感想しか持てずなんだろこの距離感はと思ってた

 

風呂場でつらつら考えた結果、私がショタコンだからだという結論が出た

そりゃそうか

27歳と23歳のいちゃいちゃは刺さらないわ

女児向け漫画とLOに載っている漫画(表紙ではなく)くらいの隔たりあるわそれは

 

ちなみにおねショタおにショタは好物なのでヴィクトル14歳勇利10歳くらいに当てはめたら萌で食道が焼けそうになった

話しかけてもろくに返事も出来ないようなショタっこが

面倒見てたら指輪買ってもじもじしながら渡してくれたり「よくできたでしょ!」って演技後に笑顔で駆け寄ってくれたりするんかよ死ぬ

内気なのにプライド高くてなかなか自分の希望を口に出来なかったショタっこが優勝して一緒にカツ丼食べる!って誓ってくるとか無理なんそれかわいい無理

 

まあおにショタだからヴィクトル右なんだけどな

年齢操作の上に逆王道だけどな

 

 

ユーリ二期はやっぱりOPでいいや

何がユーリオンアイスに肩すかしをくらった部分かっていうと

あの心を掴まれたOPに出ていた青年移行期のユリオは作中にいないってことなんだけど

 

細く軽い妖精のような姿で世界を取りに行くユーリもかっこよかったし

それは果たされたのでまあいいか

 

筋力がついて背が伸びていく過程で色々壁にぶち当たったり不具合は起きるだろうけど、

ユーリが恐れる成長故の鈍化以上に

変化の果てにまた新しい別の力をユーリは手に入れるんじゃなかろうかと

OPを見ていると感じられる

 

最後のロシアで合流する3人も新しく始まったって感じがすごいいいし

OPの三人もその後の三人って感じがするしそう見たいし、

未来が感じられるものにぐっと来てしまうわ

つまりユーリ二期はOPでいいや

 

ソシャゲマネーパチマネー増し増しのMAPPAでユーリもあり得ればすごかっただろうなー

スケートシーン毎回別アングルで書き起こしとか頭おかしいことやってくれそう

(地方大会で壁に激突して鼻血流す勇利に、なんとなく神バハでカイザルの鼻血が長いって何回もリテイク出した監督の話思い出した

あそこは漫画鼻血じゃなくてリアル鼻血がいいって思ってやっと監督のこだわりの意味を理解したけどほんとどうでもいいなw)

 

現実的には二年後くらいに劇場版がダイジェスト+新規書き下ろしくらいであってくれれば御の字か

 

ユーリ!!! on ICE12話 構成クッッソ悪かったな!

面白かったのに!
最終回物語始まる前の話挟まれても当惑しかないよ

純然たるショタコンとして真摯意見を述べるとすれば、ショタJJとかショタグアンホンとか未だにJJが苦手かもしれないグアンホンとかハムスターとたわむれるピチットとかJJの弟たち(なにそれかわいい!)とかマッカチンと戯れる勇利とかもっと早い時期に出すべきだったよ。
かわいいからユーリの倒すべき乗り越えるべき存在が勇利とJJでぶれてたのも惜しかったな。

10話の時点ではユリオのストーリー上の
障壁・敵ポジションとして、勇利よりJJの方が存在感あったんだよね。
ユーリ勇利の因縁関係がぶれてた

初期から勇利→ユーリはいなしてるというか相手にしてない、蹴られ慣れて、「なんだユリオかー」くらいですんじゃう感じはほんと笑えて好きなんだけど、
それだけにユーリが勇利に目をつけた最初理由づけもっとはやめにほしかった。
他に強い選手がいるのは自然なんだけど話数少ないんだからそこはもっと整頓できなかったのかな

新鮮みと尺のバランス悪かった。もったいない
競技性質上同じ曲と同じ振りが続くのは仕方ないから、展開読めやすくなるけどさ、GP出場選手のフル尺のスケートシーンは10話以降に解禁して、中盤は日常シーン多めに時間取って引っぱるとかさ、たぶん散々言われてることだろうけどそういう一工夫あってよかった

アニメーター見本市の見る限り、最後ヴィクトル勇利ペアとかスケートシーンそのもの監督のやりたいことだったぽいから仕方ないんかなー
面白いところが多かっただけに惜しかった。
最後の寒さに耳染めたヴィクトルと勇利が最高にかわいかたから余計に惜しかった。

勇利ロシア移行後のヤコフが心配。
というかすらっと勇利ロシアに行ってたけどそこに至るまでのゴタゴタとヤコフの胃の痛みを考えると萌しかない。

ヴィーチャ帰ってきた!→なんかコブついてきた!て即堕ち二コマかよ
デキ婚出奔した長女がいきなり出戻ってくる家族ドラマの苦労人父ちゃんかよ

ヴィクトル自由だし勇利も輪をかけてけっこうめんどくさいしユーリ永遠反抗期だしポポさんおるし(新しい彼女も痛そうという期待値問題児しかいない。
今後も苦労が絶えないであろうヤコフに早く有能サブコーチスタッフをお願いします。リリアさんとか。リリアさんとか。

しかあん勝手をしてしれっと戻ってくるのが許されるヴィクトルってもうなにそれヤコフ懐深すぎるし優しすぎるわ
なんやかんやとロシア大会で押しつけられた勇利に駄目だししてあげてたし、生徒に甘すぎるわ
厳格さや規律がないよね

ヴィーチャとユーリを早い時期に離したのはい判断だったのかもっていうのがねーヤコフの言う意味とは別にわかりみしかない
恩師をまったく敬わないところとか悪い影響うけすぎだ

そのあたり生徒との距離の取り方とか諸々の指導方針の違いもあって(夫婦関係とは別次元で)リリアと袂を分かった過去とかあったらいいなリリア先生好き
足癖悪い根っからのdqnを冷徹さと規律で躾けるとかサリバン先生かよ痺れるわ
そんなんなのに三人でピロシキ食べてるのかわいすぎかよ
普段ものとか炭水化物は口にしなさそうなリリアがまああの子が楽しそうに作ったし・・的なあれで口をつけたとしたら萌えでしねる

結局一番燃えたのはヤコフ関連だった
いま公式みたら70てガチ高齢やん!もっと敬って・・!

才能ある厄介な人に振り回される善良な人大好き
そういう意味で勇利もめんどくさく開き直ってて好き
つむじ押すところと泣いてるヴィクトルの髪めくって見るのとかユーリの蹴りスルーとかほんと良い性格してて好き


ヤコフとリリアの間に子供がいなかったら更に萌えるなと思う。

自分としてはヤコフとリリアはヨリは戻さないでいい派閥で、
その上でのかつて袂を分かったふたりの共同作品としてのユーラチカとか美しすぎる

継がれていくものにぐっとくるんだな。
ヤコフがユーリ過去のヴィーチャの幻影を見るところ体温上がった

あとユーリの全力アガペーヴィクトル勇利が顔を見合せて「いいよね!」のところ
寺で打たれ滝にも打たれ混迷を極めてたユーリが掴んだキラキラしたもの未来を見たような感じ、あのシーンすごくいい

ヴィクやユーリジャンプもう一回!って言うような勇利の無邪気さと、ふたりともスケート大好きなんだなあというのが出てていいし、
ユーリが抱える容姿リミットやらの切迫感とはまた別次元で
勇利やヴィクトルから見るとユーリはこれから未来のものなんだなというのが表されていたと思う

勇利とヴィクトルが持つ時代が過ぎ去ろうとしている者の憂愁(有終?)みたいな、
指輪物語エルフみたいな、終わるものの美しさとこれから新しく芽吹くものの美しさとの対比を感じさせてよかった。
本当に好き

この先成熟していくヤンキーがどうなるか気になる。
OP青年っぽいユーリの凛々しさ神々しさすごいよね
もうあのopが二期でいいとか混乱したことを考えている。

地獄感あふれるクソヤバいセンスのピチットオンアイスもよかった
かわいさが極まって毒々しい深刻なばみゅばみゅみを感じた
あの子突き抜けててフラットなとこが好き